沖縄市 自己破産 法律事務所

沖縄市在住の人が借金・債務の相談するなら?

債務整理の問題

「なぜこうなった…。」
多重債務を抱え、借金が増え、自分1人ではどうしようもない…。
そんな状態なら、今すぐ司法書士や弁護士に相談するのが最適です。
弁護士・司法書士に借金返済の悩みを相談して、解決方法を探しましょう。
沖縄市で債務・借金の相談をするなら、まずはインターネットの無料相談サービスを試してみては?
スマホやパソコンのネットで、今の自分の悩みや状況を冷静に相談できるので安心です。
ここでは沖縄市にも対応していて、インターネットから無料相談ができる法務事務所や法律事務所を紹介しています。
借金返済の悩みを解決するために、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談することをお勧めします。

沖縄市に住んでいる人が自己破産や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

沖縄市の多重債務・借金返済問題の相談なら、コチラの事務所がオススメ。
弁護士が対応してくれて、全国に対応している法律事務所。
初期費用が無料だから、手持ちがなくても安心です。
弁護士費用の支払は、分割払いも可能。
弁護士への相談料金ももちろん無料!
借金取り立てのストップも可能。
過払い金、自己破産、任意整理、個人再生、など、債務や借金について無料で相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(電話代金0円)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、借金悩みが相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分に適したやり方で借金や多重債務の問題を解決に導きます。
また、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などを一切支払わなくてよいので、おトクに解決することができます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方も安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国に対応している司法書士事務所なので沖縄市にお住まいの人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場に知られないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



沖縄市近くの他の司法書士・弁護士の事務所の紹介

他にも沖縄市にはいくつかの法律事務所・法務事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●大嶺睦司法書士事務所
沖縄県沖縄市上地2丁目10-23
098-933-4541

●真玉橋司法書士事務所
沖縄県沖縄市上地2丁目20-3
098-930-1258

●幸喜・稲山総合法律事務所
沖縄県沖縄市松本3丁目3-17
098-938-4381
http://kouki-inayama-law.jp

●森本忠昭司法書士事務所
沖縄県沖縄市上地3丁目1-35
098-933-0010

●平良保弘司法書士事務所
沖縄県沖縄市諸見里2丁目3-23
098-933-6876

●諸見里輝雄司法書士事務所
沖縄県沖縄市上地2丁目13-13
098-932-8611

●仲間辰雄法律事務所
沖縄県沖縄市美里4丁目24-14平アパート
098-939-2565

●仲尾浩司法書士事務所
沖縄県沖縄市諸見里1丁目6-20
098-933-5383

●仲間辰成司法書士事務所
沖縄県沖縄市久保田1丁目1-24メゾン久保田1F
098-933-5605

●コザ法律事務所
沖縄県沖縄市知花1丁目26-10
098-934-3298

●ふじ法律事務所FujiLawOffice
沖縄県沖縄市知花1-26-3銘苅ビル3階1-26-3
098-938-7370
http://fuji-law.com

●安里正一司法書士事務所
沖縄県沖縄市仲宗根町15-15稲福アパート
098-937-1680

●富本裕英司法書士事務所
沖縄県沖縄市諸見里3丁目1-1
098-933-6829

●座間味肇司法書士事務所
沖縄県沖縄市仲宗根町29-15
098-934-1554

●そよかぜ法律事務所
沖縄県沖縄市知花6丁目11-39
098-938-3939

●吉村正夫法律事務所
沖縄県沖縄市知花1丁目26-3銘刈ビル202
098-921-0262
http://yoshimuralawoffice.com

●センター法律事務所
沖縄県沖縄市中央3丁目1-6比嘉ビル
098-921-1766

地元沖縄市の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談の方が、気後れせずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

沖縄市で借金の返済や多重債務に困っている場合

クレジットカードの分割払いやキャッシング会社などは、とても高額な利子がつきます。
15%〜20%もの利子を払う必要があります。
住宅ローンの金利は年間0.6%〜4%くらい、マイカーローンの金利も年間1.2%〜5%ぐらいですので、すごい差があります。
そのうえ、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに金利を設定している消費者金融の場合、利子がなんと0.29などの高い金利を取っている場合もあるのです。
とても高額な利子を払い、そして借金は増えていくばかり。
お金を借りたのは自己責任なので仕方ありませんが、額が多くて金利も高利となると、完済は辛いものでしょう。
どうやって返済すべきか、もはやなにも思いつかないのなら、法律事務所や法務事務所に相談してみてはどうでしょう。
弁護士・司法書士ならば、借金・お金問題の解決策を捻り出してくれるでしょう。
長期返済の計画かもしれませんし、過払い金を返してもらって返す金額が減るかもしれません。
まずは相談、これが解決のための第一歩です。

沖縄市/借金の減額請求とは?|自己破産

多重債務などで、借金の支払いが困難な実情になった際に効果のあるやり方の1つが、任意整理です。
今現在の借入の実情を再度把握し、過去に金利の過払い等があるなら、それ等を請求する、または現在の借金と相殺をして、更に現在の借入に関して今後の金利を減額してもらえるようにお願いする手段です。
ただ、借りていた元金に関しては、真面目に支払いをしていくということが条件となり、金利が減った分、前よりも短い期間での返金が基本となってきます。
ただ、金利を支払わなくていいかわり、月毎の返金金額は減額されるから、負担は減少するというのが一般的です。
只、借り入れをしているクレジット会社などの金融業者がこのこれから先の金利においての減額請求に応じてくれない場合は、任意整理は出来ないでしょう。
弁護士さんに相談したら、絶対減額請求が通ると考える方もいるかもわからないが、対処は業者により多様であり、応じない業者もあります。
ただ、減額請求に対応しない業者はごくごく少数です。
ですから、現に任意整理を行って、信販会社などの金融業者に減額請求を実施するという事で、借り入れの心労が大分軽くなると言う人は少なくありません。
実際に任意整理が出来るだろうか、どの程度、借り入れの払戻が圧縮するかなどは、まず弁護士の先生に

沖縄市|自己破産にあるリスクってどんなもの?/自己破産

はっきり言えば世間一般で言われているほど自己破産のリスクは多くないのです。マイホーム・高価な車・土地など高価値の物は処分されるのですが、生活していく中で必要なものは処分されないです。
また20万円以下の蓄えは持っていてもいいです。それと当面の間数ケ月分の生活費用百万未満ならば持っていかれる事はないのです。
官報に破産者の名簿として掲載されるのですがこれもごく一定の方しか見ないものです。
またいわゆるブラック・リストに掲載されしまって七年間程はキャッシング、ローンが使用できない状況になりますが、これはいたしかたないことです。
あと定められた職に就けなくなる事もあります。しかしこれもごくわずかな限られた範囲の職種です。
だから債務超過で返済する事が出来ない借金を抱えているのなら自己破産を行うのも1つの手段でしょう。自己破産を進めればこれまでの借金が全てゼロになり、新規に人生をスタートできると言う事で長所の方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として司法書士、弁護士、公認会計士、税理士等の資格は取り消されるのです。私法上の資格制限とし遺言執行者や後見人や保証人にもなれないのです。また会社の取締役等にもなれないでしょう。しかしながらこれらのリスクはおおよそ関係ない場合が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きなものじゃない筈です。

関連ページの紹介